犬と歩けば 希望にあたる♪

ブログ名も変えて心機一転 自分のための備忘録

スポンサーサイト

思わず夢中になりました

もうすぐ読書週間なんですね。今年の標語は「思わず夢中になりました」、とのこと。いいですね、このコピー。思わず夢中になりたいもんです。最近は、さっぱり本に集中することができないのだ。介護の合間、あまりにも細切れの時間ばかりで、行きつ戻りつ・・なかなか先に進めない。集中力がとぎれて、結局はツンドク本が溜まっていくばかり。あ~、何にも煩わされずに日がな一日、本の虫になっていたいものです。あ、そうそう。そ...
7

空飛ぶタイヤ

自動車のリコール隠しを扱ったWOWOWの連続ドラマW「空飛ぶタイヤ」。地上波を含めて、最近では滅多に見られない上質のドラマだった。毎日曜日が待ち遠しくて、始まる前からテレビ前を陣取り、手に汗にぎり時には涙したドラマの5話最終回がとうとう終わってしまった。う~む、もう少し見たかったなぁ。ある日、小さな運送会社を経営する赤松に事故の連絡が入る。会社のトレーラーのタイヤが外れて母子にぶつかり死傷事故を起こした...
8

夜が終わる場所

この間、すっごいお天気なのに雪がちらついている寒い寒い日、そらと皇子山公園を散歩。車にコートを置いたまま歩き回ったせいか、風邪気味のよう。全身のだるさと、気力の無さに、せっかくの休みもだらだらと過ごしてしまった。ぼーっとしながら数日かかって読んだ本。少女失踪事件が起きた現在と、7年前の事件の時と、子供の頃の過去が平行して展開していく緻密なストーリーに、風邪気味の頭が追いつかなくて、前半はかなり難航...
6

主婦の正月・読書三昧

家族の正月が終われば、こんどは自分のお正月。家事もできるだけ手抜きして、誰人の声も寄せ付けず、好きなだけ宵っ張りの朝寝坊で、活字に酔いしれた三日間+α。西田敏行主演の映画をwowwowで見て、すっごいいい拾いものだった。面白くて、切なくて、しみじみ。桜の塩漬けがのってる、昔ながらのあんぱんみたいな味。で、さっそく原作を図書館に予約。いいですよぉ、原作も。もっと早く読めばよかった。どれもこれも秀逸な短編集...
8

極楽町一丁目

先月からWOWWOWでやっているたった5分のショートドラマ、「極楽町一丁目」。わたしはほとんどテレビを見ないんだけど、(夫にテレビを独占されてるから )たまたま見つけた番組だ。介護をしながらも命を狙っている嫁と、驚愕の受身でそれを跳ね返す、寝たきりのはずの姑。なんだかストーリーに見覚えがあるなぁ・・・と思ったら、7~8年前に読んだコミックスのドラマ化だった。この漫画にはおもいっきり笑わされた。もうゲラゲ...
14

最近読んだ本

先月から、ひまさえあれば本を読んでいる。読書の秋だからか?読まないときは、さっぱりなのに、読み出したら止まらない。今回のチョイスはなかなかの粒ぞろいで、収穫あり。【穏やかで、知的で、権力への志向を持たずにひっそりと生きる人々。不思議な能力を持つ一族の物語。】常野の人々が、今もどこかでひっそりと暮らしているような、リアルで不思議な錯覚をもってしまう。もしかしたら、自分もその能力を忘れてしまってるけど...
7

プチ哲学

文と絵  佐藤雅彦 日々、おかずの心配だの、洗濯や掃除の段取りだの、生活のいとなみに翻弄されているものだから、たまには思考回路のリフレッシュに、哲学してみたい。と言っても、カントだキルケゴールだハイデガーだ、頭痛がしそうな哲学はすでに脳みそが追いつきそうもない。そんな時は、佐藤雅彦さんの「プチ哲学」。やさしいプチ絵とプチ解説で、ちょっと物事を深く考えてみる。後向きな考えで立ち止まってしまう時も、視...
6
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。